G2 G2傾向と過去データ 今週の重賞情報 傾向 札幌競馬 札幌記念 重賞傾向と過去データ

2017年8月20日札幌記念(GII)の過去の傾向とデータ

更新日:

2017年8月20日札幌記念(GⅢ)の過去の傾向とデータ

 

社畜鳥
皆さん、こんにちわ。 社畜鳥でございます。雀の涙ほどの給与が入りました・・・こんな物の為に心身擦り減らしてると思うと死にたくなりますね。 はぁ~、宝くじ当たんねーかな。

 

だいぶ、やさぐれてしまいましたが、気を取り直して傾向とデータを見ていきましょう。
今回は、札幌記念の過去の傾向とデータをまとめました。
社畜鳥は北海道に住んでいたので、見に行ったことのある思い出のレースですね。

札幌記念とは札幌競馬場で開催される芝2000mの3歳以上の国際特別指定のレースとなっています。
真夏のGⅡ戦線は格を重視するのがカギとなりそうで、GⅠ馬・前走GⅠ組が強い傾向にあります。

 

人気のゆくえ

過去10年間の上位人気の成績をまとめると以下のようになりました。
1番人気〔2・5・0・3〕
2番人気〔2・0・2・6〕
3番人気〔0・0・2・8〕

1番人気は連対率70%と素晴らしい成績だが、勝利回数2回となかなか勝ちきれない。
2・3番人気は支持に応えられず、苦戦を強いられている。

1番人気を勝率で上回っているのが5番人気、15・16年と連勝中で過去10年間の成績は〔4・2・0・4〕と非常に優秀だ。
馬券の妙味も考えると5番人気に絞って軸馬を組んだら面白いかもしれない。

馬連の平均配当は4770円と比較的高めの水準。
馬連の万馬券が過去2回あり引き上げているようだが、20倍未満の配当が7回と荒れる展開とまではいかない様子。
基本的には平穏な決着が大半を占めているので、手広く賭け過ぎないように注意が必要だ。

 

前走クラス

主要ステップ別の成績をまとめると以下のようになりました。
函館記念組〔3・2・5・37〕
宝塚記念組〔2・2・1・5〕
前走GⅠ組〔3・6・5・22〕

馬券に絡んだ数だけで見ると、函館記念組が最有力となりそうだが連対率11%、複勝率21%と凡走する馬が多いので見極めが非常に難しい。
それならば、出走頭数が少ないが連対率40%、複勝率50%の宝塚記念組のほうが安心して購入できそうだ。

ただし、宝塚記念組だけではなく前走GⅠ組(海外組も含む)であれば連対率25%とまずまずの成績を残しているので、上位クラス組はある程度信頼しても良いだろう。

 

GⅠ実績

札幌記念ではGⅠでの実績がモノを言うレースとなっている。
海外も含めたGⅠでの勝利馬の成績は〔2・5・4・15〕と安定感のある成績となっている。

さらに、年齢別で分けると札幌記念攻略のカギが見えてくる。
6歳馬〔0・0・1・7〕
5歳馬〔2・5・3・8〕

GⅠでの勝利馬と言えども6歳馬は14年3着のホエールキャプチャ以外は全滅という結果。
逆に5歳馬は連対率39%、複勝率56%とかなりのハイアベレージ。
高齢馬には厳しいレースとなるようで、実績があっても容易に手出しは禁物。

 

~社畜鳥の注目ポイント~

宝塚記念組

 

サンプル数は少ないが、宝塚記念組で連対した4頭の共通点を探してみると、3つの注目すべきポイントがありました。
①重賞で複数回勝利している
②年明け3・4戦目
③牡馬

そこまで難しくない共通点ですね。
やはり、GⅠ組が台頭するGⅡのレースとなると、実績がモノを言う展開になりそうです。
また、牡馬で年明け3・4戦目の使いこまれていない馬が好調の予感。

15年には1番人気のトーホウジャッカルが8着に沈んでいる。
トーホウジャッカルは菊花賞で勝利していたが、重賞はこの1勝のみで年明け2戦目と共通点から大きく外れていた。
上記の3点に該当しない馬は減点対象となりうる。

 

脚質

札幌競馬場は小回りで最後の直線が270mに満たない差し馬には不利なコースとなっている。
となれば、必然的に先行・逃げ切ちタイプの馬が有利となる。

逃げ馬は過去10年で3回勝利しており、7年フサイチパンドラ、13年トウケイヘイロー、16年ネオリアリズムの3頭が逃げ切り勝ちを収めている。
人気も⑤②⑤人気と配当の妙味を考えると非常においしいものだった。
逃げ馬は無条件で購入しても良いだろう。

 

斬り捨て御免!

12番枠

12番枠は過去10年間で〔0・0・0・9〕と完全に除外対象となっている。
最後に連対したのは94年エーピーグランプリで、なんと22年間も連対から遠ざかっている。
15年1番人気のトーホウジャッカルも8着と好成績には縁遠い枠番となっている。

 

5歳牝馬

過去10年間の牝馬の成績を見ると〔3・1・2・18〕となっており、それほど悪い成績ではない。
しかし、5歳牝馬に限定すると〔0・0・1・9〕と11年2番人気のレッドディザイアの3着が最高成績。

15年ラキシス、16年ヌーヴォレコルトと2年連続で2番人気が馬券に絡めず沈んでいる。

 

軸馬・相手馬の狙い方

『人気のゆくえ』で紹介したが、1番人気の勝ちきれないところを見ると素直に1着軸に置けないところ。
1番人気の取捨選択は重賞での複数実績を見て判断したい。
重賞での複数勝利と馬場状態が悪くなければ1番人気を積極的に採用しても問題ないだろう。

1番人気が安心して買えるようなら、連対率60%の5番人気との2頭軸マルチも面白いかもしれない。

馬インフルエンザで延期された07年、函館競馬場での開催となった13年以外は二桁人気馬の激走はないので、なるべく買い目は絞りたいところ。

 

波乱の神さま

札幌記念で、前走までの「中央競馬での成績」で連対率50%以上を記録していたのは41頭。
この41頭の成績は〔6・7・4・25〕で複勝率は40%となっている。

もちろん、41頭の多くが上位人気だが、07年12番人気2着アグネスアーク、09年7番人気1着ヤマニンキングリー、13年14番人気3着アンコイルドなどの人気薄も入っている。
連対率50%という好成績は、キャリアを重ねた古馬重賞出走馬ではそれほど多くないので、人気を問わずに注意が必要だ。

 

2016年札幌記念のレース検証

「世界のマイル王」となったモーリスが圧倒的な1番人気となるのは誰もが予想できた。
しかし、芝2000mでの実績はなく、道悪・外枠の悪条件も重なり、穴党から見たら隙だらけの1番人気だったと言えるだろう。
それでも、2着に食い込むあたりが世界の称号を持ったモーリスだろう。

 

1週前出走予定馬と競馬中毒本誌印

 

◎ヤマカツエース
○ネオリアリズム
▲ステファノス
△サウンズオブアース
△エアスピネル
☆レインボーライン

 

札幌記念の超豪華出走予定馬はこちら!

2017年8月20日札幌記念(GII)の出走予定馬と予想オッズ

アドセンス

アドセンス

菊花賞の指数予想公開中!!

競馬予想のレジまぐ

競馬中毒者の予想に役立つメルマガ?

更新情報やメルマガだけしか聞けない情報盛りだくさん!!無料なのでぜひ、ご購読を!!


メルマガ購読・解除
 

競馬中毒者おすすめ競馬情報サイトランキング

競馬中毒者運営者の社畜犬、社畜猫、社畜鳥、天皇(?)がオススメする競馬情報サイトはこれだ!!

うまコラボ

無料登録で指数を用いた最適な軸馬を教えてくれるので悩ましい軸馬選択とはおさらば!! 指数を無料で閲覧できるだけでなく、予想メソッドも教えてくれる。また、3回に1回三連単が当たると話題のサイト。 予想情報サイトの中でもTOPクラスの人気を誇る。

プライド

元騎手・調教助手である、遠藤氏監修の下、馬券に直結する優良情報を公開する老舗サイト。

ハイブリッド

得意分野得御追求した予想のプロ集団が手掛ける老舗予想サイト。無料アドレス登録で週末の予想情報が無料でもらえる。

-G2, G2傾向と過去データ, 今週の重賞情報, 傾向, 札幌競馬, 札幌記念, 重賞傾向と過去データ

Copyright© 競馬中毒者の祭典 , 2017 AllRights Reserved.