G3 指数予想 東京競馬 競馬予想

2017年エプソムカップの指数予想!!

投稿日:

2017年エプソムカップの指数予想

社畜猫
みなさん、こんばんわ。社畜猫です。

先週は全く見せ場なしで終わってしまいました…
京都10Rで三連複399倍が的中したのみです。

安田記念は終わったものの、東京開催はまだ続くので気を取り直して頑張りましょう!!

出走馬指数ランキング

今年出走する馬の指数ランキングは下記の通り。

平均指数

①ナスノセイカン
②ヒストリカル
③レッドレイヴン
④ダッシングブレイズ
⑤フルーキー
揃いも揃って人気薄。
平均指数上位は安定したパフォーマンスの裏付けとなり、波乱時に活躍する指数であったりします。
ここで出た5頭はノーマークとはいかないでしょう。

前走指数

①デンコウアンジュ
②フルーキー
③マイネルミラノ
④アストラエンブレム
⑤タイセイサミット
ヴィクトリアマイル2着のデンコウアンジュがTOPではあるものの、2位のフルーキーとはほとんど差がない状況。

5位のタイセイサミットは平均指数(5走平均)こそ低いですが近3走に限定すれば高いレベルの指数で安定しています。

コース適性

①ダッシングブレイズ
②トーセンレーヴ
③ヒストリカル
④フルーキー
⑤マイネルミラノ
コース適性は同コースで記録した最高値をランキング化していますが、
2位のトーセンレーヴは9歳馬。さすがに衰えのありますし、同じパフォーマンスを出すのは難しいはず。
ダッシングブレイズ以外も高齢馬の部類になりますが、平均や前走指数で名前を挙げているように衰えは感じさせません。

距離指数

①ヒストリカル
②マイネルミラノ
③レッドレイヴン
④フルーキー
⑤デンコウアンジュ

他のランキングと似たりよったりのメンバー構成ですが、デンコウアンジュの生涯最高パフォーマンスであるローズステークスがここにランクイン。
ベストパフォーマンスは1800mということになります。

指数予想

さて指数予想ですが、本命はフルーキーにします。
すべてのランキングに登場するだけでなく、昨年2着の実績馬。58キロでも衰えは感じられず問題ないでしょう。
相手はアストラエンブレム。前走のメイステークスでは2着に敗れましたが、勝ち馬タイセイサミットとは2.5キロの斤量差。
3着馬クラリティースカイに関しては3.5キロ差とハンデが効いた形。

今回は逆にタイセイサミットが2キロもらい、アストラエンブレム、クラリティスカイそれぞれ56キロに斤量減となる。

逆転の余地は十分だ。

◎フルーキー
○アストラエンブレム
▲クラリティスカイ
△デンコウアンジュ
△タイセイサミット
△ヒストリカル
△ダッシングブレイズ
△マイネルミラノ
△ナスノセイカン

これでなんとかなりませんか…

直近のおすすめ記事!!

-G3, 指数予想, 東京競馬, 競馬予想

Copyright© 競馬中毒者の祭典 , 2019 All Rights Reserved.