G2 G2傾向と過去データ 今週の重賞情報

2017年5月28日目黒記念(GⅡ)の過去の傾向とデータ

2017年5月28日目黒記念(GⅡ)の過去の傾向とデータ

 

社畜鳥
皆さん、こんにちわ。 社畜鳥でございます。最近、うつ状態と躁状態が交互に訪れるのでなかなか安定した生活がおくれておりません。

今回は、今週末に迫った目黒記念の過去の傾向とデータをまとめました。
目黒記念(GⅡ)とは東京競馬場で開催される芝2500mの4歳以上国際ハンデ戦となっており、今年で131回目の開催を誇る超老舗レースです。
ダービー直後の開催となる長距離重賞の目黒記念は上位人気が活躍する一方、波乱の展開もある面白いレースとなっています。

 

人気のゆくえ

過去10年の上位人気の成績をまとめると以下のようになりました。
1番人気〔2・4・1・3〕
2番人気〔0・1・1・8〕
3番人気〔2・0・1・7〕

1番人気は複勝率60%とまあまあといったところだが、2番3番人気の信頼度の低さは見てわかる通りだ。
上位人気の低迷ぶりから、7番人気以下の下位人気からも4頭の勝利馬が生まれる波乱の展開となっている。
馬連の平均配当は7037円と高配当で、過去10年で3回の万馬券が出るなど荒れた展開も見せている。

 

前走クラス

過去10年間の主力ステップ別の成績をまとめると以下のようになりました。
天皇賞・春組〔2・2・1・22〕
メトロポリタンS組〔2・1・2・29〕
大阪-ハンブルクC組〔2・1・1・6〕

本命と言っても良いのは天皇賞・春組だが、14年は出走が1頭のみで15・16年に至っては出走馬不在と直近のデータが非常に乏しくなっている。
出走数が最も多いのはメトロポリタンS組となっているが、過去5年間に限定すると〔0・0・2・13〕とイマイチ勢いがない。

主力ステップ2つに対して近年伸びてきているのが、大阪-ハンブルクC組である。
こちらは14年以降必ず連対しており、今後もその勢いは衰えそうにない。

 

血の運命

11年以降キングカメハメハ産駒の活躍が目覚ましく、〔2・0・2・7〕と数ある産駒の中でもピカ一の成績を叩き出している。
15年は11番人気のヒットザターゲットが勝利、16年は3番人気のクリプトグラムが勝利と人気に関係なく2年連続での勝利馬を輩出している。
キングカメハメハ産駒をすべて購入しても回収率は100%を超えているので、ぜひ押さえておきたい。

 

~社畜鳥の注目ポイント~

大阪-ハンブルクC組


前走クラスでも紹介したように近年主力ステップへと変貌を遂げているこのレース。
しかし、ただ大阪-ハンブルクC組を抑えればよいというわけではない。
大阪-ハンブルクC組で掲示板外だった馬は〔0・0・1・5〕と筋なし、一方で5番人気までは〔2・1・0・1〕と1・2着固定でも十分通用する成績となっている。

 

前走8枠・本戦内枠

あくまでデータ上での話になるが、前走8枠の馬の成績は〔3・2・5・14〕とかなりの好成績を収めている。
これは人気に関係なく良い成績を出している馬もいるので不思議なデータだ。
さらに前走8枠から目黒記念1・2枠に入った馬は〔3・0・3・3〕と絶好調!
逆に前走8枠から目黒記念7・8枠に入った馬は〔0・0・0・7〕と切り捨ててしまっても問題ないだろう。

相手馬選びに困ったらこのようなデータを参考にしてみても面白いかもしれない。

 

斬り捨て御免!

斤量57.5kg以上

ハンデ別の成績をまとめると以下のようになりました。
57kg〔2・2・2・10〕
57.5kg以上〔1・1・1・20〕

斤量57kgはまずまずの成績だが、57.5kg以上になると途端に成績が悪くなる。
57.5kg以上で連対した2頭はGⅠでも連対する実力馬だったこともあるので、実力馬を除外すると大いに切り捨ての対象になってくる。

 

馬体重4kg以上増

前走より馬体重が4kg以上増えた馬の成績は〔0・0・2・22〕と壊滅的。
唯一3着に入ったのは15年1番人気のファタモルガーナとなっている。

ちなみに前走より10kg以上減った馬の成績は〔2・1・0・14〕と好成績を収めている。
デブには厳しい道のりだ・・・

 

軸馬・相手馬の狙い方

軸の選び方は大きく分けて二つある。
まず一つは1番人気、もう一つは前走3着までの大阪-ハンブルクC組である。

相手馬選びは『斬り捨て御免!』を除いた4・5歳馬を中心に、斤量は54kg~57kgに収めたいところだ。
1600万組も〔1・2・0・15〕と侮れない成績を残しているのでクラスはあまり関係なさそうだ。

 

2016年目黒記念のレース検証

競馬中毒社の祭典、ダービースペシャルコンテンツはこちらから

直近のおすすめ記事!!

-G2, G2傾向と過去データ, 今週の重賞情報

Copyright© 競馬中毒者の祭典 , 2020 All Rights Reserved.