G3 G3傾向と過去データ クイーンステークス(G3) 予想オッズ 今週の重賞情報 重賞傾向とデータ

2017年7月30日クイーンステークス(GⅢ)の過去の傾向とデータ

更新日:

2017年7月30日クイーンステークス(GⅢ)の過去の傾向とデータ

 

社畜鳥
皆さん、こんにちわ。 社畜鳥でございます。最近、馬券が当たらないのでDMMの一口馬主の購入を本気で考えております。俺は馬主になって儲けるんや!

今回は、先日掲載したアイビスサマーダッシュと同じ日に開催されるクイーンステークスの過去の傾向とデータをまとめました。
クイーンステークスとは札幌競馬場で開催される芝1800mの3歳以上牝馬の国際特別指定のレースとなっています。
近年ではヴィクトリアマイル組が好調で、3歳の若駒と6歳のベテラン勢の駆け引きにも注目が集まります。

 

人気のゆくえ

過去10年間の上位人気の成績をまとめると以下のようになりました。
1番人気〔3・4・1・2〕
2番人気〔4・0・0・6〕
3番人気〔0・1・2・7〕

牝馬限定の重賞というと荒れる傾向になりがちですが、1番人気は6連対中と抜群の安定感を誇っている。
2番人気は4勝と最多勝利を挙げているが、安定感に欠ける結果となっている。
3番人気は未勝利と全くアテにならない。

馬連の平均配当は4215円。1番人気が入る中でのこの配当はなかなか悪くない。
1番人気と人気薄の組み合わせが多く、中穴となる傾向にある。

 

前走クラス

主要ステップ別の成績をまとめると以下のようになりました。
ヴィクトリアマイル組〔4・4・2・10〕
オークス組〔2・1・1・10〕
マーメイドS組〔1・1・2・19〕

勝率・複勝率ともにヴィクトリアマイル組が断トツの成績を収めている。
ヴィクトリアマイル組に続くのがオークス組とマーメイドS組で、この3レースが出走頭数も多く主要ステップとなっている。

他にはオープン特別組と1600万条件組があるが、オープン特別組よりも1600万条件のほうが好成績を残しており、クイーンステークスと同距離の芝1800m経由だと〔2・0・1・9〕と健闘している。

 

重賞実績

過去10年間の連対馬20頭中18頭が重賞連対がGⅠ3着までの実績があった。
このレースで好走するには高い実績が必要になってくると言えるだろう。

また、重賞連対実績がなかった2頭については、重賞経験が1度のみ、前2走中にパールステークスを出走していたという共通点があった。

 

~社畜鳥の注目ポイント~

ヴィクトリアマイル組

ヴィクトリアマイル組は前走二桁着順からも3頭が馬券に絡んでいるので前走着順は不問として良いだろう。
しかし、着順が上がると好走する可能性はグッと高くなる。

5着以内なら〔3・1・0・1〕と目を見張る成績、しかも3番人気までに支持された馬は〔4・3・2・4〕と軸馬候補にしても問題ないほどだ。
ちなみに4番人気以下は〔0・1・0・6〕と信頼度は低くなる。

 

年齢

複勝率を見ると7歳以上馬以外は各世代が20%台をキープしている。
年齢別での大きな差異が見られないのがこのレースを難しくしているところ。
ただ、勝利数でみると3歳馬と6歳馬がともに3勝と抜けている。
対して4歳馬・5歳馬は2・3着が多く、特に5歳馬の2・3着は10回と最多であり、安定しているが1着付けでは狙いにくいところ。

 

斬り捨て御免!

前走1000万条件組

主要ステップでも挙げた通り、条件戦組で好走が望めるのは1600万条件まで。
1000万条件組は〔0・0・0・10〕と圧倒的に実力が物を言うレース展開だ。
14年に勝利したキャトルフューイも前年の4歳時には前走1000万条件から参戦したが、重賞の壁に阻まれ好走できずに終わっていた。

 

斤量56kg以上

別定戦における重斤量馬は実績あっての重斤量なので、狙いたくなるがクイーンステークスでは〔0・0・0・6〕と全滅。
6頭すべてが5番人気までに支持されていたが、13年マルセリーナの4着が最高成績となっている。

 

軸馬・相手馬の狙い方

前走ヴィクトリアマイルで掲示板に載っていた馬が1番人気に支持されていた場合は迷わず軸馬として問題ないだろう。
しかし、ステップ面から該当する馬がいない場合でも、ここでは1番人気を軸にしても問題ないだろう。
ただ、1番人気を1着付けにするのは危険が伴うので、あくまでも1頭軸マルチを選択するべき。

相手は重賞での実績を考慮して二桁人気まで手広く購入したいところ。
もちろん、実績があっても『斬り捨て御免!』で挙げた斤量56kg以上は切り捨てよう。

 

2016年クイーンステークスのレース検証

https://youtu.be/DFUtioiM3XQ

2016年は7番人気の伏兵マコトブリジャーが制した。
前走は同じ芝1800mの福島牝馬Sを制しており、このときの2着が16年2着のシャルールであり、福島牝馬Sと同じ決着となった。
しかし、福島牝馬Sでマコトブリジャールがシャルールに勝利しながら、今回もシャルールが1番人気なのに対して、マコトブリジャールは9番人気と人気薄となっていた。
これは福島牝馬Sでの勝利が15番人気だったこともあり、まだまだ信頼されていなかったのが大きな要因だろう。
ただ、福島牝馬Sとクイーンステークスは同距離であり関連性は非常に深く、福島牝馬S出走馬は6年連続で連対している。

 

出走予定馬と予想オッズ

(※2017/7/16時点)

アドマイヤリード 3.2
アエロリット 3.7
ジュールポレール 7.6
マキシマムドパリ 7.8
パールコード 9.2
クインズミラーグロ 9.8
トーセンビクトリー 12.3
クロコスミア 16.5
ヤマカツグレース 23.5
シャルール 29.7
ブラックオニキス 34.6
ノットフォーマル 44.1

直近のおすすめ記事!!

-G3, G3傾向と過去データ, クイーンステークス(G3), 予想オッズ, 今週の重賞情報, 重賞傾向とデータ

Copyright© 競馬中毒者の祭典 , 2019 All Rights Reserved.