天皇賞・春 競馬予想

2019年 天皇賞春 社畜猫の予想

天皇賞春が当たったこと

お久しぶりです。社畜猫です。

今回予想を書くにあたり過去5年で天皇賞春を何回的中させてたか振り返ったところ、
2015年のゴールドシップが勝った時だけでした。

この時は本命◎フェイムゲーム○カレンミロティック▲ラストインパクトで、フェイムゲームが差してきた時に、
北村ぁぁぁっぁぁぁと叫びすぎて実家の向かいのマンションに反響して響いていたことを思い出します。

我ながら完璧に近い予想で、馬連、ワイド、三連複で18万越えの配当を手にしました。
ゴールドシップさえ来なければ、、、と悔やんだレースでもあります。

フェイムゲーム本命の理由は前年、記念出走くらいに捉えていた北村騎手が、直線だけで追い上げたフェイムゲームを見てもったいない競馬をしたと反省していたから。
距離適性も抜群でチャンスが十分にあったのに、ただ周ってきただけ。

2015年は本気で勝ちに来た競馬でした。

さて、今年はどうなるんですかね。

社畜猫の予想

※スマホの方は横スクロールしてご覧ください。

2019年 4月28日(日) 3回京都3日目 13頭 [15:40発走]
【11R】  第159回天皇賞(春)
4歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝3200m・外 (C)

馬名S 性齢 替 騎手 斤量 予想コメント
1 1 チェスナットコート 牡5 坂井瑠星 58 昨年は外を回っての3着で、内ラチ突ければ。ただし、状態は昨年ほどではない。
B2 2 エタリオウ 牡4 M.デム 58 馬ごみ苦手で4コーナーでは外を回すことが濃厚。3200mでは外をまわすロスが大きく。
3 3   リッジマン 牡6 蛯名正義 58 このメンバーでは。。。
4 4   ヴォージュ 牡6 和田竜二 58 ハナ主張で前残り警戒も、このメンバーで厳しく。
4 5 メイショウテッコン 牡4 *福永祐一 58 前走はデキ抜群。前残りに一考。
5 6 カフジプリンス 牡6 中谷雄太 58 中谷騎手が完全に手に入れており、前走の再現なら連下には。
5 7 グローリーヴェイズ 牡4 *戸崎圭太 58 母系がメジロ牝系で長距離適正十分。菊花賞では外を回って上がり最速。中間の内容も好感。
6 8   パフォーマプロミス 牡7 *北村友一 58 ステイゴールド産駒だが、中間軽めで。
6 9 ユーキャンスマイル 牡4 岩田康誠 58 左回り巧者。3,000m以上3連続出走馬の成績悪く。前走のレースレベルも疑問。
7 10 フィエールマン 牡4 ルメール 58 中間、行きたがる面を見せ、折り合い不安。危うい1番人気か。
7 11   ケントオー 牡7 幸英明 58 さすがに厳しい。
8 12 クリンチャー 牡5 三浦皇成 58 長距離安定かつ京都では馬券圏内を外していない安定感。叩かれて良くなるタイプ。軸には狙いやすい。
8 13 ロードヴァンドール 牡6 横山典弘 58 当初、鞍上が万葉ステークスを進言したようにスタミナは豊富。中間の上積みも感じて。

 

ざっくりとこんな感じ。
クリンチャーが軸にしやすいので、本命ですが対抗との差もさほど感じていません。
もちろんフィエールマンやエタリオウは強いのが事実。

ただ取りこぼす可能性も高く、そっちのほうが楽しいじゃないですか。

ちなみに、ユーキャンスマイルはキングカメハメハの成績がイマイチなのも気がかりでした。

この記事を書いている時点では、
クリンチャーとグローリーヴェイズの馬連が70倍以上、ワイドで18倍以上のようです。

このあたりを買いつつ、どっちかが飛んでもいいような三連複と攻めの三連単で勝負したいと思います。

直近のおすすめ記事!!

-天皇賞・春, 競馬予想

Copyright© 競馬中毒者の祭典 , 2020 All Rights Reserved.