データ分析

天皇による授業~中山競馬場・ダート1800mについてデータ考察~

更新日:

こんにちは、天皇です。

今日は、「中山ダート1800m」のデータ分析をしていきたいと思います。
※2015年以降の約2年参照

枠順

中山ダート1800mといえば、まずは! "枠"でしょう(^_^.)


「内枠<<外枠」というのが、くっきりと表れています。
ここまではっきりと有利不利が出るコースはなかなかありません。

馬体重

枠についてはもう少し詳しく見ていくのですが、その前に2つ目のファクターを見ていきましょう、"馬体重"です。


大型馬の方に分があります。

走破時計

中山ダート1800mは、とても(というか異常に)タフなコースとして知られており、走破時計において、他の中央場所ダート1800m(京都ダ1800m・阪神ダ1800m)と比べて大きな差があります。(15年以降の未勝利戦の出走全馬の走破タイム・上がり3F)

(↑ちなみにこの逆のパターン(芝の高速馬場、先週までの東京芝など)では、
内枠有利・軽いスピードタイプが恵まれるのが競馬の基本構造でふ)

外枠かつ大型馬は・・・

"外(7-8)枠有利"と、"大型(500kg-)馬有利"の両方に該当する馬は、

堂々の回収率!
もうこれだけで飯が食えるレベル!!(※僕は食べません、現在炭水化物抜きダイエット中のため)

個人的にすごいと思うのは、こういったデータは超人気薄のずば抜けた配当が全体の回収率を押し上げていることが多いなかで、いずれの人気層でも高回収率を残せていること。

今回はこんな感じ!
中山ダート1800mは"外枠有利" & "大型馬有利"
をぜひ参考にしてくださいね~(*^。^*)

次回は阪神芝1600mや1800m(外回りワンターンコース)を予定しております。

直近のおすすめ記事!!

-データ分析

Copyright© 競馬中毒者の祭典 , 2019 All Rights Reserved.