G2 G2傾向と過去データ レースグレード別情報 中央競馬 京都大賞典 京都競馬場 今週の重賞情報 重賞傾向とデータ 重賞傾向と過去データ

2017年10月9日京都大賞典(GⅡ)の過去の傾向とデータ

2017年10月9日京都大賞典(GⅡ)の過去の傾向とデータ

 

社畜鳥
皆さん、こんにちわ。 社畜鳥でございます。

 

今回は、涼しいかぜ吹く秋の京都で行われる京都大賞典の過去の傾向とデータをまとめました。
京都大賞典とは京都競馬場で開催される芝2400mの3歳以上国際指定のレースとなっています。
近年の狙いは4・5歳馬、宝塚記念組、内枠の伏兵にあり!

 

人気のゆくえ

過去10年間の主要ステップの成績をまとめると以下のようになりました。
1番人気〔3・2・1・4〕
2番人気〔2・1・3・4〕
3番人気〔2・0・1・7〕

上位3人気だけで7勝と堅い決着が多いようだ。
13年に11番人気ヒットザターゲットの大波乱勝利を除けば、優勝馬は5番人気までに絞ることができる。

二桁人気が馬券に対象になったのも13年のみだが、馬連の平均配当は12012円と比較的高めの水準。
しかし、13年を除く9年間の馬連の平均配当は3320円と一気に低くなる。
これは13年だけ例外として考えても良いだろう。

1・2番人気での決着は3回あるので本命サイドの展開となりそうだ。

 

前走クラス

9月開催時の朝日チャレンジカップを除くと、主要ステップは9レースある。

連対数でみると宝塚記念組の6連対が最多で、次に天皇賞・春組の3連対と続いている。
やはり、実力のあるGⅠ組が圧倒的に結果を残している。

GⅠ組に続くのが2連対をあげている阪神大賞典組と新潟記念組となっている。
しかし、連対馬20頭中17頭は5~9月に出走している。
例外は09・10・12年に3回連対したオウケンブルースのみで、4年連続で馬券に絡んでいる異質な存在と言えるだろう。

 

年齢

過去10年間の年齢別の成績をまとめると以下のようになりました。
4歳馬〔4・5・1・15〕
5歳馬〔6・2・3・22〕

過去10年間で20連対中17連対とほととんどを占めているのが4・5歳馬である。
17連対のうち1着10回、2着7回と他を寄せ付けない抜群の成績を残している。

スローペースなら上りが速く、序盤から速めの展開なら高速決着になるため、パワー・センス共に力の付いてきた世代の独壇場となっている。

 

~社畜鳥の注目ポイント~

宝塚記念組

結果を見れは一目瞭然だが、最多の連対馬を輩出している宝塚記念組が圧倒的に強い。
連対馬6頭の宝塚記念での着順は③④⑪⑪①③と着順は不問。
ただし、08年アルナスライン、13年ゴールドシップは宝塚記念組でも1番人気に応えられなかったケースもあることを頭に入れておこう。

 

過去の栄冠

クラシックディスタンスとも言われる芝の2400m、強い馬はどう転んでも強いのだが、連覇となるとなかなかお目にかかれない。
昨年は過去の優勝馬が3頭も出走したが、③⑤⑦着と新進気鋭の若駒の活躍に沈んだ。

過去10年間で優勝馬が連対したのはオウケンブルースのみで、09年の優勝から10年2着、11年3着、12年2着と異質な存在と言えるだろう。

 

斬り捨て御免!

6歳馬

上記でも解説した通り4・5歳馬の活躍が目立つということは、それ以外の世代にシワ寄せが来るのは当然のこと。
特にその影響が強く受けているのが6歳馬で〔0・1・3・27〕と未勝利。
出走頭数が多い割に成績を残せていないので、6歳馬は無条件で切っても問題ないだろう。

 

4枠

開幕週は内枠有利という面があるにしても、少頭数で行われることが多いレース。
それほど枠順に有利不利は無さそうだが、4枠だけなぜか連対0という結果に。

過去10年間で〔0・0・2・11〕と連対なしで3着も2回のみと切り捨ての対象に充分なりうる。

 

軸馬・相手馬の狙い方

優勝馬は4・5歳馬に限定することができ、主要ステップも宝塚記念組が強いので軸馬は絞りやすい。
過去10年間の1番人気の連対率は50%で、掲示板を外した馬は1頭もいないので、馬券に絡む確率は非常に高いだろう。

1番人気を外したい場合は2~4番人気が単勝式の候補となる。

三連単なら1着に1~3番人気、2・3着に1~7番人気の90点で購入したい。
この買い方なら過去10年で7回ヒットしている。

 

2016年京都大賞典のレース検証

 
京都大賞典の出走予定馬と予想オッズはこちら!

2017年京都大賞典(GII)の出走予定馬紹介と予想オッズ

直近のおすすめ記事!!

-G2, G2傾向と過去データ, レースグレード別情報, 中央競馬, 京都大賞典, 京都競馬場, 今週の重賞情報, 重賞傾向とデータ, 重賞傾向と過去データ

Copyright© 競馬中毒者の祭典 , 2020 All Rights Reserved.