G2 G2傾向と過去データ 傾向 過去データ 重賞傾向とデータ 阪神競馬

2017年阪神大賞典の予想に使える傾向と過去データと指数予想

投稿日:

2017年阪神大賞典の予想に使える傾向と過去データ

こんにちわ。社畜猫です。

当たらん!!
まったく当たらんよ!!

なんだ。なんなんだこれは・・・
というつらい日々を送る社畜猫。

阪神大賞典といえば、◎ギュスターヴクライ〇オルフェーヴルで馬券人生最大の奇跡の大当たりを経験し、
競馬に絶対はないと学んだレース。

あの時の方が予想が上手かったなと反省する良い機会であります。

阪神大賞典の傾向

過去10年の傾向を2017年の出走馬に当てはめて各馬の状況を精査していきましょう。

堅い決着が多い

過去10年で1番人気は(4-3-2-1)で10頭中9頭が馬券に絡むという重賞の中でもトップクラスに安定感がある1番人気。

2番人気は(2-0-1-7)と不振だが、近6年では5回が馬連配当3桁と2番人気が来なくとも3~5番人気の馬が好調なので、
波乱にはなりにくいですね。

点数を絞って大きく勝負がベターだ。

■2017年の上位人気想定馬

1番人気 サトノダイヤモンド

2番人気 シュバルグラン

3番人気 ワンアンドンリー

前走

前走別で見ていくと、
有馬記念組で(2-4-2-6)
日経新春杯組(3-1-2-4)
ダイヤモンドステークス組(2-2-3-22)

■有馬記念組
シュヴァルグラン、サトノダイヤモンド

・レース動画

■日経新春杯組
レーヴミストラル、マドリードカフェ

・レース動画

■ダイヤモンドステークス

トウシンモンステラ

・レース動画

前走2000m以下

前走2000m以下のレースに出走していた馬(0-0-0-14)と成績が悪く、割引対象に。

今年の該当馬
⇒スピッツミノル

指数予想

さて、おまちかね?の社畜猫の素数予想のお時間です。

当たらないとか言わないの・・・

前走指数順

①サトノダイヤモンド

②シュバルグラン

③ワンアンドオンリー

④レーヴミストラル

⑤トーセンバジル

有馬記念組2頭が高指数で納得。
人気上位馬が独占。

コース適性

①シュヴァルグラン

②スピリッツミノル

③タマモベストプレイ

④サトノダイヤモンド

⑤ワンアンドオンリー

人気薄のタマモとスピリッツミノルがランクイン。
スピリッツミノルは上記、条件から割引対象。

距離指数

①シュヴァルグラン

②ワンアンドオンリー

③サトノダイヤモンド

④マドリードカフェ

⑤トウシンモンステラ
3000m未出走のレーヴミストラル、トーセンバジル、ウインスペクトルはこのランキングから除外。

平均指数

①シュヴァルグラン

②サトノダイヤモンド

③レーヴミストラル

④ワンアンドオンリー

⑤スピリッツミノル

サトノダイヤモンドは前走で大きく指数を上げたため、
平均値では2位になる。

指数予想結論

自信度 A

◎サトノダイヤモンド

平均指数上位かつ前走指数1位で大崩れは考えにくい。
過去の傾向からも中心視。

相手はシュヴァルグラン。
以下
トーセンバジル
レーヴミストラル
マドリードカフェ
ワンアンドオンリー

ここは堅い。

直近のおすすめ記事!!

-G2, G2傾向と過去データ, 傾向, 過去データ, 重賞傾向とデータ, 阪神競馬

Copyright© 競馬中毒者の祭典 , 2019 All Rights Reserved.