G3 G3傾向と過去データ

2017年3月18日ファルコンステークス(GⅢ)の過去のデータと傾向

更新日:

2017年3月18日ファルコンステークス(GⅢ)の過去のデータと傾向

 

皆さん、こんにちわ。
社畜鳥でございます。花粉症の薬がいかんせん効かなくなってきた今日この頃です。
さて今回は、3月18日に開催されるファルコンステークス(GⅢ)の過去のデータと傾向についてまとめてみました。
ファルコンステークス(GⅢ)とは中京競馬場で開催される芝1400mの3歳国際指定レースです。
今年で31回目となるファルコンステークスは施行条件変更後から距離延長組が苦戦を強いられる、一波乱起こるレースとなっています。

 

人気と配当

現在と同じ施行条件になった12年以降も1番人気は〔1・0・0・4〕と低調で、まだ2番人気の〔2・0・0・3〕、3番人気の〔0・2・1・2〕のほうが頼れる存在となっている。
馬連の平均配当も10960円と高く、3桁配当となった2014年も3着に11番人気の『アルマエルナト』が入り、2016年も3着に9番人気の『シゲルノコギリザメ』が入るなど波乱含みの様相と言える。

 

前走クラス

最も関連性が強いのが〔2・0・2・9〕の成績を残しているアーリントンカップ組。
これに続くのが〔2・0・0・14〕のクロッカスステークス組だが、こちらは出走頭数も多いのであまり強調はできない。
むしろ〔0・1・1・7〕の朝日杯FS組(16年8着馬はクロッカスステークス取消で直行に)のほうが侮れず、〔1・2・2・17〕の前走500万組もマークが必要と言える。

 

ローテーション

間隔別では中2週組が〔2・1・3・20〕で毎年必ず馬券に絡んでいる。
シンザン記念組のほかに13年2・3着馬のような500万条件組も該当する。
一方、年明け初戦組は〔0・1・1・12〕となっている。
格上の朝日杯FS杯組も過信は禁物で、上位人気でもすべて馬券圏外に敗れた。

 

~社畜鳥の注目ポイント~

 

アーリントンカップ組

過去5年間で3着以内4頭のアーリントンカップ組。
14年1着タガノグランパ、15年3着ヤマカツエースは芝1400m勝利の実績あり。
16年3着シゲルノコギリザメは1200mで2勝、12年1着ブライトラインは1400m以下が初でも距離短縮で注目され、前走より人気をあげていた。

 

脚質

過去5年間の3着以内に4角先頭から粘りこんだ馬は1頭もおらず、8番手以降が9頭と差し有利の傾向は明白となっている。
しかし、前走の4角通過順を見ると、2番手以内だった5頭が馬券に絡んでいる。
13年と14年の1着馬は脚質転換で結果を出しており、前走の通過順を鵜吞みにできない。

 

外枠

枠順別で見ると、1~4枠が連対馬10頭中7頭を占めている。劣勢な5~8枠の中でも8枠は〔0・0・1・14〕と大苦戦。
なお、5~8枠で連対した3頭は1~4番人気と馬券的妙味もない。

 

軸馬・相手馬の狙い方

過去5年間で14年と16年は三連単4万円台と堅めの決着となったが、残る3回は最低でも15万円台と波乱含みの一線戦であるため、ここは手広く高配当を狙うべき!
軸候補は1着欄なら2番人気、マルチで流すなら3~5番人気あたりとなり、ステップ別ならクロッカスステークス組は頭候補、アーリントンカップ組だと1・3着欄にマークして流す手が良さそうです。
相手は前走が芝1400m以上(ダートからは好走例なし)!
朝日杯FS組を中心とした年明け初戦組は切り捨てても悪くはないか・・・

アドセンス

アドセンス

無料で使える最強の競馬サイト!

競馬予想のレジまぐ

競馬中毒者の予想に役立つメルマガ?

更新情報やメルマガだけしか聞けない情報盛りだくさん!!無料なのでぜひ、ご購読を!!


メルマガ購読・解除
 

直近のおすすめ記事!!

競馬中毒者おすすめ競馬情報サイトランキング

競馬中毒者運営者の社畜犬、社畜猫、社畜鳥、天皇(?)がオススメする競馬情報サイトはこれだ!!

うまコラボ

無料登録で指数を用いた最適な軸馬を教えてくれるので悩ましい軸馬選択とはおさらば!! 指数を無料で閲覧できるだけでなく、予想メソッドも教えてくれる。また、3回に1回三連単が当たると話題のサイト。 予想情報サイトの中でもTOPクラスの人気を誇る。

プライド

元騎手・調教助手である、遠藤氏監修の下、馬券に直結する優良情報を公開する老舗サイト。

ハイブリッド

得意分野得御追求した予想のプロ集団が手掛ける老舗予想サイト。無料アドレス登録で週末の予想情報が無料でもらえる。

-G3, G3傾向と過去データ

Copyright© 競馬中毒者の祭典 , 2018 All Rights Reserved.