G1 中央競馬 今週の重賞情報 日本ダービー 東京競馬 競走馬情報

日本ダービー全頭診断!! その1

投稿日:

ワサビです。

オークスはDMMバヌーシーの馬、ラヴズオンリーユーが見事な末脚で制しましたね。
この勝利でバヌーシーに興味を持った方、こちらの記事で詳細をまとめていますので、是非ご覧ください。
【DMMバヌーシー】DMMの一口馬主サービスを徹底解説!!

さて、いよいよ今週はダービーウィークですね。
せっかくですので、今回はダービー出走馬の全頭診断を書いていきたいと思います。
馬券の参考にして頂ければと思います。

アドマイヤジャスタ

父ジャスタウェイ
母アドマイヤテレサ

ジャスタウェイの初年度産駒は2頭ダービーに出走できそうですね。
G1ホープフルSの2着馬です。
本来それなりにポジションも取れる馬なんですが、前走の皐月賞では外枠から出遅れ、最後方からレースを進めました。
上位3頭が抜けて強かったのもあり、流石に届きませんでした。
ジャスタウェイ産駒は初年度のためデータが少ないですが、ジャスタウェイ自体はハーツクライの仔なので、もしかすると東京2400mの舞台は歓迎のクチではないでしょうか。
前走と違い、内枠引いてスタート決めてポジションを取れれば馬券内のチャンスはあるのでは?
鞍上が復調気配のデムーロ騎手なのも面白いですね。

エメラルファイト

父クロフネ
母セトウチソーラー

スプリングSの勝ち馬です。
人気薄でしたが良い末脚を見せましたね。
皐月賞も出走予定でしたが捻挫のため回避、ダービーで復帰となります。
エメラルファイトに限ったことではないですが、現代競馬において「あえて使わなかった」のと「使いたかったけど使えなかった」では大きく意味が異なります。
エメラルファイトは残念ながら後者ですね。
これは大きなマイナスでしょう。

クラージュゲリエ

父キングカメハメハ
母ジュモー

この世代の善戦マンといった立ち位置でしょうか。
重賞は京都2歳Sを制しており、他の重賞でも堅実に馬券内には来ています。
前走の皐月賞も人気は全くありませんでしたが、ひょっこり5着にはきました。
今回も人気以上には走ってきそうですが、馬券内の壁は厚そうです。

サートゥルナーリア

父ロードカナロア
母シーザリオ

この世代の主役と言って良いでしょう。
まず血統からしてエリート中のエリートですよね。
父母でG1何個勝ってるんだって話です。
こういう超良血って意外と走らなかったりするんですが、この馬は本物ですね。
ホープフルSでは詰まりながらもノーステッキで快勝。
皐月賞は断然人気の割には案外…とも思える勝ち方でしたが、これはルメール騎手が慎重に乗りすぎたこと、馬自体が良化途上だったこともあるでしょう。
上積みも期待できますし、間違いなく有力馬の1頭でしょう。
ダービーでテン乗りの馬来ないというデータはありますが、果たしてそのデータはサートゥルナーリアにも当てはまるのでしょうか?
個人的には、1流騎手ルメール騎手⇒1流騎手レーン騎手なので当てはまらないと思いますが。

サトノルークス

父ディープインパクト
母リッスン

今年もサトノはディープ産駒をダービーに送り込んできました。
セリ値が3億近い超高額馬です。
すみれSでは、今回ある程度人気が予想されるアドマイヤジャスタに完勝しているように、能力はある馬です。
先週のオークスではディープ産駒がワンツー決めたように、馬場も味方してくれるかもしれませんね。
気になるのは、ディープ産駒特有のスパッと切れるタイプではないこと、皐月賞があまりにも負けすぎなところでしょうか。

 

本日はこの5頭を簡単に紹介しました。
随時更新していきますので、よろしくお願いします。

直近のおすすめ記事!!

-G1, 中央競馬, 今週の重賞情報, 日本ダービー, 東京競馬, 競走馬情報

Copyright© 競馬中毒者の祭典 , 2019 All Rights Reserved.