競馬の裏側教えます

にっぽん全国競馬場の旅Part3

にっぽん全国競馬場の旅Part3

皆さんこんにちわ。
ブラック企業を辞めてブラック企業に華麗に転職したあの社畜鳥でございます。

前回の記事はこちらから

にっぽん全国競馬場の旅part2

門別競馬場

今回ご紹介する競馬場は『門別競馬場』です。
競馬好きの皆さんならもうご存知ですよね。北海道南西、日高地区に位置する競馬場です。
ちなみに、同じ読み方の「紋別」は北海道東部のオホーツク海に面する町ですので旅行の際は間違えないように(笑)

≪施設紹介≫

住所・・・北海道沙流郡日高町富川駒丘76番地1
電話・・・01456-2-4110
駐車場・・・無料100台
入場料・・・100円

【外回りコース】
■右回り一周/1,600m ■直線/330m
【内回りコース】
■右回り一周/1,376m ■直線/218m

【フラットコース】
■距離/1,000m、1,200m、1,500m、1,600m、1,700m、1,800m、2,000m
海砂を使用しており、砂厚が12cmと他の競馬場より厚めに設定されている。

~ポラリス☆スタンド~

収容人数・・・800人(場内席数112席)
発売窓口・・・6台
払い戻し窓口・・・2台
TVモニター・・・14台
JBCビジョン・・・310インチ

~Aスタンド~

収容人数・・・500人(場内席数136席)
発売窓口・・・15台
払い戻し窓口・・・3台

≪アクセス≫

車・・・札幌から車で1時間10分、千歳から車で50分(いずれも道央道~日高道経由で「鵡川IC」または「日高富川IC」下車)

バス・・・●路線バス 札幌駅前ターミナルから門別競馬場まで高速バスで約1時間30分
     ●無料送迎バス 
札幌発着便 http://www.hokkaidokeiba.net/hkj/etc/bassannnai.pdf
日高町内循環便 http://www.hokkaidokeiba.net/hkj/etc/bus_hidaka.pdf
         
JR・・・札幌駅から苫小牧経由で富川駅まで2時間40分(富川駅からタクシーで約10分)

     ※ホッカイドウ競馬公式サイトより引用

門別競馬場は現在、日本で最も新しく開設された競馬場です。旭川競馬場の撤退に伴い、2009年度からホッカイドウ競馬のメイン開催場となり、「グランシャリオナイター」という名前でナイター競馬が開催されました。
門別競馬場は海沿いに位置していることに加え、昼夜の気温差が大きいので濃霧が発生しやすい立地です。このことが原因でレースの開催が中止になったり、競走の一部が中止される事例が多くみられます。

立ち寄る際は最寄りの駅からかなり距離があるので、車や公共交通機関で競馬場前まで来場することをオススメします。
新しい施設なので、内装は非常に綺麗でイルミネーションや売店など競馬以外でも楽しむ要素がたくさんあります。北海道ならではのジンギスカンや北海道和牛も楽しめる露店の出店も要チェックです!

ホッカイドウ競馬公式サイト
http://www.hokkaidokeiba.net/

直近のおすすめ記事!!

-競馬の裏側教えます

Copyright© 競馬中毒者の祭典 , 2020 All Rights Reserved.