クラブ紹介 一口馬主 特集 紹介

一口馬主とは!? 一口馬主のクラブ情報一覧!それぞれのクラブの特徴をまとめてみた

更新日:

馬主になるのは夢の話か?一口馬主という方法

競馬ファンなら誰しもが憧れる馬主。
自分の馬を所有してG1を走らせ、高額な賞金を手に入れたい!!
そしてゆくゆくは種牡馬や繁殖牝馬になって子供たちに夢をつなげてほしい・・・

という妄想は誰しもがしたことはあるはず。

でも実際に馬主になるには年収や資産の条件があり・・・
▽JRA個人馬主の場合▽

<所得条件>
過去2ヶ年年収1700万円以上
<総資産>
7500万円以上(預貯金、不動産、有価証券など)

普通のサラリーマンでは不可能な条件となっております。
2015年の国税局の「民間給与の実態調査結果」によれば、
サラリーマン男性の平均年収は511万円とのことです。

年収だけでも3倍以上足りません。

では、馬主になることができないのでしょうか・・・

ご安心ください!一口馬主という制度があるんです。

▽一口馬主とは▽

クラブと呼ばれる馬主資格を持つ法人が、競走馬を40口~500口程度(4000口などもあります)に分割して出資を募っており、それに出資をすることで疑似馬主体験ができるというものになります。

出資金や維持費を口数によって払うことになりますが、賞金に関しても獲得賞金の60~70%程度口数に応じて払われます。
※源泉徴収などを差し引いた場合のパーセンテージ。

クラブ法人へ出資をすることにより馬主資格を持っていない人でも一口馬主として馬主疑似体験ができます。
出資金額は1口あたり、2万円~300万程度で基本的には年収や資産による制限がありません。
※1部社台系クラブにおいては年収による条件がある場合があります。

▽馬主との違い▽

・馬主席への入場(抽選で入れる場合もあるが、通常は入れない)
・口取り式への参加(抽選で当選した場合、参加可能。通常は10名、重賞は20名まで)
・牧場訪問、見学(クラブによってツアーが組まれるケースあり。)
・トレセン、厩舎への立ち入り(不可)
・調教師、騎手への指示(不可能)
・調教師からのフィードバック(クラブが受け、クラブから会員へ通達)
・引退の決定(クラブ側に権利があり、会員は決定権なし)

上記のように馬主席への立ち入りが原則不可能であったり、馬主が行える活動に制限が加わった形となります。

現在21クラブ、存在しているのですが、各クラブ法人の特徴を下記にまとめてみました。

各クラブの特徴

クラブ法人は現在21クラブ存在していますが、そこから大まかに分類すると、
牧場運営型と買付型、折衷型の3つに分けられます。

牧場運営型

クラブ法人に参加している牧場がそのままクラブへ馬を出すため、牧場が保有している牝馬の子に出資ができることが多いのが特徴。
牝系ラインや種牡馬ラインに統一性がある。(悪く言えば限定的)

社台系

日本を代表する生産牧場(社台ファーム、白老ファーム、追分ファーム)が運営しているクラブ法人。
▽特徴▽
・良血馬が多く、G1や重賞への出走頭数が多い
・生産から育成環境が非常に優れている
・有力馬が多いため、新馬に関しても有力な厩舎への預託が多く、優秀なトレーナーや騎手に託されるケースが多い
・サンデーサイレンス系が多いなど特定の血統に偏りがでやすい。

社台サラブレッドクラブ

国内外の良血種牡馬産駒が多く、日本を代表する活躍馬が多い名門クラブ。

2017年はフランケル産駒のソウルスターリングを輩出するなど、クラシック路線を大いに盛り上げている。

クラブの募集条件は下記の通り(年度により異なる場合があります。)

1頭あたりの口数 40口
1頭の総額 1,000万~1億2000万円
1口あたりの金額 25万~300万円
支払い方法 1活払い(2%引き) 最大で10回分割可能
入会金 32,400円
月額維持費 会員費用3240円+預託料(各馬の状況による)

▽募集馬の主な父▽

ディープインパクト、ハーツクライ、ダイワメジャー、オルフェーヴル、ヴィクトワールピサ、ロードカナロア、ノヴェリスト等

▽過去・現役の活躍馬▽

イスラボニータ、ソウルスターリング、ステイゴールド、タイムパラドックス、ハーツクライ、ネオユニヴァース、ローエングリン、サンスインザムード等
サンデーサラブレッドクラブ

こちらも国内外の良血種牡馬産駒が多く、日本を代表する活躍馬が多い名門クラブ。

2017年はディープインパクト産駒の皐月賞馬アルアインを輩出するなど、クラシック路線を大いに盛り上げている。

クラブの募集条件は下記の通り(年度により異なる場合があります。)

1頭あたりの口数 40口
1頭の総額 1,000万~1億5000万円
1口あたりの金額 25万~375万円
支払い方法 1活払い(2%引き) 最大で10回分割可能
入会金 32,400円
月額維持費 会員費用3240円+預託料(各馬の状況による)

▽募集馬の主な父▽

ディープインパクト、ハーツクライ、ダイワメジャー、オルフェーヴル、ヴィクトワールピサ、ロードカナロア、キングカメハメハ、ルーラーシップ等

▽過去・現役の活躍馬▽

アルアイン、リアルスティール、フェイムゲーム、ブラックスピネル、ジェンティルドンナ、オルフェーヴル、ブエナビスタ、ヴァーミリアン、ドリームジャニー、ドゥラメンテ、ローズキングダム、ルーラーシップ、フェノーメノ、デルタブルース等
キャロットクラブ


社台グループ生産の良血馬が多く集まるクラブ法人です。

近年の活躍は素晴らしく、会員数が急増しているため、出資が困難になりつつあるようです。
2017年はダービー馬レイデオロを輩出しています。
また地方入厩馬の募集も行っており、地方出資も楽しみやすいクラブとなっています。

クラブの募集条件は下記の通り(年度により異なる場合があります。)

1頭あたりの口数 400口(地方は100口)
1頭の総額 700万~1億2000万円
1口あたりの金額 3万~30万円
支払い方法 1活払い(2%引き) 最大で8回分割可能
入会金 21,600円
月額維持費 会員費用3240円+預託料(各馬の状況による)※牧場放牧時1000円、トレセン滞在2000円(地方馬4000円)程度

▽募集馬の主な父▽

ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライ、ロードカナロア、ノヴェリスト、エイシンフラッシュ、オルフェーヴル等

▽過去・現役の活躍馬▽

レイデオロ、ステファノス、クリソライト、ネオリアリズム、ルージュバック、エピファネイア、リアルインパクト、トゥザグローリー、シンハライト、マリアライト、ハープスター、ハットトリック等
シルクホースクラブ


こちらも近年、社台グループの生産馬がラインナップに追加され募集馬の質が向上している。
過去には有馬記念を勝利したシルクジャスティス、阪神ジュベナイルフィリーズを勝利したローブティサージュを輩出。

1頭あたりの口数 500口
1頭の総額 1000万~1億
1口あたりの金額 2万~20万円
支払い方法 1活払い(2%引き) 最大で7回分割可能
入会金 10,800円
月額維持費 会員費用3240円+預託料(各馬の状況による)※牧場放牧時800円、トレセン滞在1600円程度

▽募集馬の主な父▽

キングカメハメハ、ディープインパクト、ステイゴールド、ロードカナロア、ダイワメジャー、ハーツクライ等

▽過去・現役の活躍馬▽

グレンツェント、シルクドリーマー、シルクジャスティス、シルクフェイマス、ラストインパクト、ローブティサージュ、ブライトエンブレム、シルクフォーチュン、ネオルミエール、サムソンズプライド等
G1サラブレッドクラブ

サンデーレーシング、社台サラブレッドクラブ系列の第3のクラブ。
月額費用が1620円とリーズナブルなのが特徴。

2017年はペルシアンナイトが皐月賞で2着するなどクラシック路線を盛り上げた。

1頭あたりの口数 40口
1頭の総額 1000万~1億
1口あたりの金額 25万~250万円
支払い方法 1活払い(2%引き) 最大で10回分割可能
入会金 32,400円
月額維持費 会員費用1620円+預託料(各馬の状況による)

▽募集馬の主な父▽

ディープインパクト、ロードカナロア、ハーツクライ、オルフェーヴル、ゴールドアリュール等

▽過去・現役の活躍馬▽

タンタアレグリア、ペルシアンナイト、ソルヴェイグ、アルバートドッグ、ジュールポレール等
グリーンファーム


社台系の馬が導入されたことで重賞路線で活躍する馬が増えてきたクラブ。

1頭あたりの口数 200口 地方は50口
1頭の総額 350万~3000万円
1口あたりの金額 4万~15万円
支払い方法 1活払い 最大で10回分割可能
入会金 19,440円
月額維持費 会員費用3240円+預託料(各馬の状況による)

▽募集馬の主な父▽

ダイワメジャー、ハービンジャー、タートルボウル、ワークフォース等

▽過去・現役の活躍馬▽

マキシマアムドパリ、シュテルグランツ、クイーンスプマンテ、ゴールドマウンテン、セレクトグリーン、ジュエルオブナイル、アースサウンド等

複数牧場運営系

複数の牧場から出資馬の構成がされているクラブ法人。
特定の馬産地に根付いた牧場の集合体が多く、特定の種牡馬の偏りがないため様々な馬に出資が可能。
馬産地直結のために、仲介手数料等の上乗せがないため比較的安価な価格で出資が可能。
▽特徴▽
・マイナーな種牡馬も多く、零細血統ファンにはたまらない構成。
・社台系と比較して出資の競争が激しくなく、おおむね希望通り出資が可能。
・バラエティーに富んだ出資馬構成で飽きることが少ない。
・複数牧場参加型のため各牧場の意気込みび左右されやすく、馬の質には大きな差がでやすい。

ユニオンオーナーズクラブ

日高地方を拠点とする牧場が集まって運営しているクラブ法人。
近年、日高地方はゴールドシップやディーマジェスティーを輩出している勢いのある地域です。

1頭あたりの口数 200~500口
1頭の総額 600万~3800万円
1口あたりの金額 2.5万~12.5万円
支払い方法 1活払い 最大で19回分割可能
入会金 21,600円
月額維持費 会員費用3240円+預託料(各馬の状況による)

▽募集馬の主な父▽

ダイワメジャー、ハービンジャー、タートルボウル、ワークフォース等

▽過去・現役の活躍馬▽

マキシマムドパリ、シュテルグランツ、クイーンスプマンテ、ゴールドマウンテン、セレクトグリーン、ジュエルオブナイル、アースサウンド等
ターファイトクラブ

日高地方を中心に44の生産牧場から運営されるクラブ。
構成牧場の多さから様々な馬に出資がすることが可能。
当歳馬、1歳馬、2歳馬と三世代による募集あり。

2017年は牝馬のファンディーナが3連勝で皐月賞へ挑戦するなどクラシックを盛り上げた。

1頭あたりの口数 100or200or400口
1頭の総額 700万~4500万円
1口あたりの金額 4.5万~45万円
支払い方法 1活払い(割引あり) 分割も可能(時期により割引あり)
入会金 10,000円
月額維持費 会員費用3240円+預託料(各馬の所属による)

▽募集馬の主な父▽

タイキシャトル、ダンカーク、ヘニーヒューズ、ドリームジャーニー、ルーラーシップ、スウェプトオーバーボード等

▽過去・現役の活躍馬▽

ファンディーナ、インカンテーション、サイレンスボーイ、サウンドオブハート、ローマンエンパイア、ビーナスライン等
ローレルクラブ

新冠地方を中心に28の生産牧場から運営されるクラブ。
構成牧場の多さから様々な馬に出資がすることが可能。
青森県にあるワールドファームと提携しており、本州産馬に出資も行える。
母父にオグリキャップをもつストリートキャップで近年話題となった。

1頭あたりの口数 100~500口
1頭の総額 600万~2000万円
1口あたりの金額 4万~10万円
支払い方法 1活払い 分割も可能
入会金 10,800円
月額維持費 会員費用3240円+預託料(各馬の所属による)

▽募集馬の主な父▽

ベーカバド、ロードカナロア、オルフェーヴル、ドリームジャーニー、ノヴェリスト、ヴァーミリアン、ロードアルティマ、サウスヴィグラス、ゴールドアリュール等

▽過去・現役の活躍馬▽

ムーンエクスプレス、ストリートキャップ、ローレルゲレイロ、カネツフルーヴ、カネツクロス、ローレルベローチェ等

単独、少数牧場運営系

少数の牧場あるいは単独の牧場から出資馬の構成がされているクラブ法人。

▽特徴▽
・少数あるいは単独運営のため、個々の牧場の運営方針が色濃くでる。

ノルマンディーオーナーズクラブ

岡田スタッドグループ(新ひだか町・岡田スタッド、日高町・オカダスタッド、新ひだか町・ノルマンディーファーム、福島県・ノルマンディーファーム小野町)が運営しているクラブ法人。
2017年は京都新聞杯を勝利したプラチナムバレット、NHKマイルカップにはディバインコードが出走している。

1頭あたりの口数 40~400口
1頭の総額 700万~2500万円
1口あたりの金額 2.2万~27万円
支払い方法 1活払い(最大10%割引) 分割も可能(最大3%割引)
入会金 10,800円
月額維持費 会員費用1080円+預託料(各馬の所属による)

▽募集馬の主な父▽

ショウナンカンプ、キングカメハメハ、アドマイヤムーン、ノボジャック、ケイムホーム、スペシャルウィーク、ノボジャック、シニスターミニスター、ダノンシャンティー、マツリダゴッホ等

▽過去・現役の活躍馬▽

ブラゾンドゥリス、ルールソヴァール、プラチナムバレット、ルグランパントル、ディバインコード、シュヴァリエ等
ロードサラブレッドオーナーズ

世界のスプリンター、ロードクエストを輩出したことで話題のクラブ。
ケイアイファームを拠点とした生産行っており、全長1200mのウッドチップ坂路やポリトラック、ダート馬場、ウォーキングマシンなどトレーニング施設も兼ね備えた育成牧場となっている。

1頭あたりの口数 500口
1頭の総額 650万~7000万円
1口あたりの金額 1.3万~13万円
支払い方法 1活払い 分割も可能
入会金 10,800円
月額維持費 会員費用2700円+預託料(月1200円)

▽募集馬の主な父▽

ロードカナロア、ディープインパクト、ハーツクライ、ロードバリオス、ロードアルティマ等

▽過去・現役の活躍馬▽

ロードクエスト、エンジェルフェイス、ロードヴァンドール、ロードカナロア、レディパステル、ロードプリヴェイル、ロードフラッグ、キャトルフィーユ、レディアルバローザ等
大樹レーシングクラブ

生産牧場を持つクラブ法人。
アメリカにも生産拠点を持っており、タイキシャトルを輩出したことでおなじみ。

1頭あたりの口数 400口
1頭の総額 900万~2000万円
1口あたりの金額 2.25万~5万円
支払い方法 1活払い 分割も可能
入会金 10,000円
月額維持費 会員費用3240円+預託料

▽募集馬の主な父▽

サウスヴィグラス、クロフネ、アドマイヤオーラ、ダンカーク、ゼンノロブロイ、タイキシャトル、ハードスパン、パイロ、ヘニーヒューズ等

▽過去・現役の活躍馬▽

タイキシャトル、タイキブリザード、タイキトレジャー、タイキマーシャル、タイキシャーロック、タイキブライドル、アンコイルド等
ワラウカド

パカパカファームを母体とする2017年創業の新規一口クラブ。
初年度の募集は、ダービー馬ディープブリランテの全弟、クラリティースカイの半妹(父オルフェーヴル)、バブルドリーム(父キングズベスト)の良血馬3頭の募集が開始された。

1頭あたりの口数 500口
1頭の総額 1200万~9000万円
1口あたりの金額 2.4万~18万円
支払い方法 1活払い 分割も可能(最大7回)
入会金 10,800円
月額維持費 会員費用2000円+預託料

▽募集馬の主な父▽

ディープインパクト、オルフェーヴル、キングズベスト等

▽過去・現役の活躍馬▽

ラブアンドバブルズの2015、タイキクラリティーの2015、バブルドリームの2015等

バイヤー系

セリや箱庭取引によって購入された馬が集まるクラブ法人。
特定の種牡馬や牝系に限定されることがなくバラエティに長ける。
▽特徴▽
・偏りのない血統構成での募集が多い。
・セリ等の選定段階である程度ふるいにかけられているため質が良い。
・バイヤー(仲買)を挟んでいるため、手数料等で値段が高騰傾向にある。
・仲買人の好みによって選出される馬が変わりやすい。

東京サラブレッドクラブ

2007年のリニューアル以降、急速に力をつけてきたクラブ。
重賞での活躍馬が多く、2016年はレッドファルクスがスプリンターズステークスを勝利し、G1を盛り上げた。

1頭あたりの口数 400口
1頭の総額 1400万~7000万円
1口あたりの金額 3.5万~17.7万円
支払い方法 1活払い 分割も可能
入会金 10,800円
月額維持費 会員費用3240円+預託料

▽募集馬の主な父▽

ディープインパクト、ロードカナロア、ハーツクライ、スクリーンヒーロー、ジャスタウェイ、ヴィクトワールピサ、ブラックタイド、シンボリクリスエス等

▽過去・現役の活躍馬▽

レッドファルクス、レッドレイブン、レッドキングダム、レッドディザイア、レッドスパーダ、レッドアリオン、レッドリヴェール、レッドオーヴァル等
優駿ホースクラブ


日本で初めてできた一口クラブ法人。
G1最多記録を持つ、エスポワールシチーを輩出。

2017年はエスポワールシチー産駒がデビューを迎え、注目度が上がっている。

1頭あたりの口数 100or500口
1頭の総額 600万~2500万円
1口あたりの金額 1万~6万円
支払い方法 一活払い 分割も可能
入会金 10,000円
月額維持費 会員費用3672円+預託料

▽募集馬の主な父▽

エスポワールシチー、他様々な種牡馬

▽過去・現役の活躍馬▽

タップダンスシチー、エスポワールシチー、サンディエゴシチー等
サラブレッドクラブライオン


かつてはコスモヴューファームとの関係が強かったが、2009年に提携を解除してからはセリでの購入が多くなった。
ドリームバレンチノがJPN1を勝利し有名なクラブ。

1頭あたりの口数 100or500口
1頭の総額 800万~9920万円
1口あたりの金額 4万~24.8万円
支払い方法 一活払い 分割も可能
入会金 21,000円
月額維持費 会員費用3,150円+預託料

▽募集馬の主な父▽

種牡馬の偏りなし。

▽過去・現役の活躍馬▽

ドリームバレンチノ、ドリームセーリング、ドリームキラリ等
広尾サラブレッドクラブ


2007年のリニューアル後、体制変更があり、少数の馬を有力な厩舎に入厩される方向へシフト。
活躍馬が増えつつある勢いのあるクラブ。
様々なイベントやキャンペーンを行っているクラブで親しみやすい。
また2,000口募集を行っているため出資へのハードルが極めて低い。

1頭あたりの口数 40~2,000口
1頭の総額 800万~9920万円
1口あたりの金額 4万~24.8万円
支払い方法 一活払い 分割も可能
入会金 0円
月額維持費 会員費用3,240円+預託料

▽募集馬の主な父▽

種牡馬の偏りなし2017年募集はハーツクライが2頭。

▽過去・現役の活躍馬▽

マカハ、ハナズレジェンド、レトロクラシック、ブリッツェン、オフィサー等
ブルーインベスターズ


調教師の目に適った馬が募集されている少数精鋭のクラブ。
体質が強い馬が選ばれることが多く、過去のデビュー率は100%と脅威の数字を出している。
また、勝ち上がり平均数は2勝と安定した成績を収める傾向がある。

1頭あたりの口数 400口
1頭の総額 600万~1600万円
1口あたりの金額 1.5万~4万円
支払い方法 一活払い 分割も可能
入会金 10,000円
月額維持費 会員費用3,240円+預託料

▽募集馬の主な父▽

ダート色の強い血統を選ぶ傾向がある。

▽過去・現役の活躍馬▽

ブルーコンコルド、ブルーボサノヴァ、サンタナブルー、カリブソング等

折衷系

牧場、バイヤー系を折衷したクラブです。
購入馬も生産馬も募集しており、充実した育成設備には定評があります。

▽特徴▽
・計算された育成方針、施設環境によりデビューが早い傾向。
・ラフィアンターフマンクラブは当歳8月からハードトレーニングを行うことで有名。

ラフィアンターフマンクラブ


マイネル軍団とも呼ばれるラフィアンは初年度募集馬から重賞勝利馬を輩出し、NHKマイルカップも勝利するなど創業当初から注目されたクラブ。
軍団の総帥と呼ばれる岡田繁幸氏はかなりの相馬眼の持ち主で、値段の安い馬や零細血統の中から活躍する馬を選びぬくことに定評がある。

1頭あたりの口数 100口
1頭の総額 800万~5000万円
1口あたりの金額 8万~50万円
支払い方法 一活払い 分割も可能(最大10回)
入会金 20,000円
月額維持費 会員費用3,000円+預託料

▽募集馬の主な父▽

ロージズインメイ、アイルハヴナザー、タイムパラドックス等様々。母方はラフィアンで活躍した牝馬が多いのが特徴。

▽過去・現役の活躍馬▽

マイネルフロスト、マイネルミラノ、マイネルクロップ、マイネルキッツ、マイネルブリッジ、マイネルラクリマ、マイネルラヴ等
ウインレーシングクラブ

東日本愛馬会という名称だったクラブが1997年にリニューアルし、現在の名前に。
毎年15頭ほどの募集しかなく、少数精鋭なのが特徴。
かつてはバイヤー系のクラブだったが、2011年にコスモヴューファームに経営譲渡され、ラフィアンの傘下となったことで牧場系へ推移した。
ウインバリアシオンを輩出したことでおなじみのクラブ。

1頭あたりの口数 400口
1頭の総額 1200万~3400万円
1口あたりの金額 3万~8.5万円
支払い方法 一活払い 分割も可能(最大10回)
入会金 20,000円
月額維持費 会員費用3,000円+預託料

▽募集馬の主な父▽

アイルハヴアナザー、スクリーンヒーロー、ジャスタウェイ等様々

▽過去・現役の活躍馬▽

ウインフルブルーム、ウインフェニックス、ウインインスパイア、ウインブライト、ウインバリアシオン、ウインマーベラス、ウインラディウス、ウインブレイズ等

その他

新規参入クラブや歴の浅いクラブについてまとめました。

ゴールドホースクラブ

公式サイトも未完成?で募集馬情報の記載もなく、運営されているのか実態がつかめないクラブ法人。
2015年には募集した形跡があるが、どのような形で募集されたのかは不明。
一応所属馬もいるが目立った活躍はなし。

1頭あたりの口数 不明
1頭の総額 不明
1口あたりの金額 不明
支払い方法 不明
入会金 21,600円
月額維持費 会員費用3,240円+預託料?

▽所属馬の主な父▽

サムライハート、ゴールドキングマン、メイショウサムソン、ジャイアントレッカー、スターキングマン、アルカセット、スキャターザゴールド、フサイチペガサス、

▽過去・現役の所属馬▽

ゴールドキリー、ゴールドリボン
DMMドリームクラブ

セレクトセールでドナブリーニやシュガーハート、ラヴアンドバブルズ産駒を落札したことで話題となったクラブ。
預託料の事前一括納入や、アプリケーション「DMMバヌーシー」による愛馬情報配信や出資手続きの簡略化と今までにない斬新なシステムで一口業界へ参入してきた。

1頭あたりの口数 10,000口
1頭の総額 4億~6億
1口あたりの金額 4万~6万
支払い方法 一括納入
入会金 不明
月額維持費 預託料も出資金額に含む事前納入精制

▽所属馬の主な父▽

ディープインパクト、ブラックタイド等

▽過去・現役の所属馬▽

現在調査中。

まとめ

いかがだったでしょうか。
敷居が高いように見える一口馬主も、リーズナブルな価格から本格的な価格まで様々な料金体系があります。
趣味として、投資として始めてみるのも良いかもしれません。

競馬の楽しみ方が増えますし、愛馬がG1や重賞を勝利した時の嬉しさは格別です!

競馬中毒者の祭典でも、2017年募集から出資を開始して、一口馬主に関する記事をUPしていく予定なのでお楽しみいただければと思います!!

あなたも一口馬主デビューしてみませんか!?

アドセンス

アドセンス

日本ダービーの指数予想公開中!!

競馬予想のレジまぐ

競馬中毒者の予想に役立つメルマガ?

更新情報やメルマガだけしか聞けない情報盛りだくさん!!無料なのでぜひ、ご購読を!!


メルマガ購読・解除
 

直近のおすすめ記事!!

競馬中毒者おすすめ競馬情報サイトランキング

競馬中毒者運営者の社畜犬、社畜猫、社畜鳥、天皇(?)がオススメする競馬情報サイトはこれだ!!

うまコラボ

無料登録で指数を用いた最適な軸馬を教えてくれるので悩ましい軸馬選択とはおさらば!! 指数を無料で閲覧できるだけでなく、予想メソッドも教えてくれる。また、3回に1回三連単が当たると話題のサイト。 予想情報サイトの中でもTOPクラスの人気を誇る。

プライド

元騎手・調教助手である、遠藤氏監修の下、馬券に直結する優良情報を公開する老舗サイト。

ハイブリッド

得意分野得御追求した予想のプロ集団が手掛ける老舗予想サイト。無料アドレス登録で週末の予想情報が無料でもらえる。

-クラブ紹介, 一口馬主, 特集, 紹介

Copyright© 競馬中毒者の祭典 , 2018 All Rights Reserved.